作成者別アーカイブ: 大路未来会議 事務局

【関連セミナー情報】2013年10月23日「”最先端”をめざす若者たち:なぜ田舎で動き出すのか」

–☆——————————————————————–
Rural Learning Network第11回セミナー×第36回元町カフェ×ふるさと丹波市定住促進会議
「”最先端”をめざす若者たち:なぜ田舎で動き出すのか」

詳細・お申し込みはこちらから→http://kokucheese.com/event/index/117720/
——————————————————————–☆–
【日 時】 2013年10月23日(水) 19:00-21:30(18:30受付開始)
【場 所】 兵庫県民会館303(兵庫県庁前・神戸元町)
  http://www.hyogo-arts.or.jp/arts/kenminmap.htm

【ゲスト】
 井口元さん(起業支援型シェアハウス「みんなの家」)
 藤本傑士さん(エコタウン地域づくり集団「大路未来会議」 ex.麺道しゅはり)
 湯山加奈子さん(地域づくり会社「株式会社ご近所」)

【コーディネーター】
 小橋昭彦さん(NPO法人情報社会生活研究所)

【コメンテーター】
 中塚雅也さん(神戸大学農学部)
 高嶋正晴さん(立命館大学産業社会学部)

 田舎をめざしてIターンする若者たちは、みなさんの目にはどう映っていますか?しかも、そんな若者たちが田舎で「地域づくり」を牽引しようとしています。従来、地域づくりや自治活動は地域のベテランが担ってきました。いまも熱心に活動されているなか「若者が少なくて」という悩みの声も少なくありません。その一方で新しいアイディアや動きが「田舎」でみられるようになっています。

 今回は地域で、それも田舎・農村へIターンして起業×地域づくりにチャレンジするゲストを多数お迎えします。
 「なぜいま田舎に移住したのか」「なぜ都会ではできなかった/やらなかったのか」などを伺いながら、田舎という”最先端”の事情やソーシャルビジネスの視点でチャレンジする魅力などについて考えたいと思います。

・「そもそも田舎での生活ってどんな感じなの?」という素朴な想いをお持ちの方
・転職を考えている/迷っている方
・UIターンや起業を考えている方
・それらを支援をしたいと思っている方
・自身の将来を考えている学生
・シェアハウスやソーシャルビジネス、新しい地域づくりに関心のある方
・なにか新しいきっかけが欲しいと思っている方

などなど、さまざまな方のご参加を楽しみにしております!

◇当日スケジュール◇
19:00 趣旨説明
19:05 パネルディスカッション
      *ゲスト紹介&レクチャー
19:50 質疑応答
20:05 グループ対話&全体対話
21:15 ふりかえりコメント
21:25 ネットワーキング・PRタイム
21:30 終了

【会 費】 1000円(軽食・ドリンク付)
軽食は、ゲストの藤本さんの農家レストラン「三心五観」&「おっこ食堂」のプロデュース!丹波野菜を使ったヘルシー&ナチュラルなオードブルです。
ドリンクは、無農薬番茶で有名な丹波・徳寿園のお茶を直送で!こちらもお楽しみに!

【持ち物】
 胸名札(普段お使いのものがあれば。なければ結構です)
 名刺や自己紹介になるもの